「それは一人の子供から始まります」:オーストラリアが15歳を国外追放するときのニュージーランドの白熱した怒り| オーストラリアの移民と亡命

ニュージーランドでは、オーストラリアが15歳の少年を一人で、彼がほとんど知らない国に強制送還したことに対する、長く煮えたぎる恨みが白熱した怒りに燃えています。

「オーストラリアのシステムの下で起こっている虐待、現在は子供たちの虐待は恐ろしいものです」と、オーストラリアの厳格な移民政策によって強制送還された人々を支援する擁護団体であるルート501の共同創設者であるフィリパペインは言います。 「ニュージーランド人はこれ、特に15歳の少年の強制送還に憤慨している。人々は、これらの法律が実際にどれほど厳格であるかを理解し始めている。」

しかし、世界的な大流行の旅行制限にもかかわらず、非市民を強制的に連れ去るというキャンベラの懲罰的な政策がエスカレートし続けているので、今月ニュージーランドに連れ去られた子供はオーストラリアによって「最後ではない」と支持者と弁護士は言います。

昨年度、オーストラリアから強制退去させられた人は約1,029人で、過去2番目に多い数です。

オーストラリアの移民法の悪名高い第501条に基づく国外追放の数は、10年以内にほぼ10倍に増加しました。 2012-13年には、わずか139人が削除されました。 2013-14年には、その数字はわずか76でした。

子供の事件について公に知られていることはほとんどありません。 政府筋によると、彼の状況は複雑であり、ニュージーランドの福祉グループであるオランガ・タマリキ氏は、ホテルの検疫を離れる際に子供を支援する準備をしていると述べています。

彼はニュージーランドに家族がいて、ニュージーランド市民ですが、子供はオーストラリアで彼の人生の大部分を生きてきたことが知られています。 子供はオーストラリアだけから連れ去られました。

彼が移民法第501条に基づいて解任されたかどうかは不明であるが、オーストラリアの弁護士は、未成年者が強制的に移民収容所に収容されていると主張しているが、彼は自発的に出国したとは見なされない。

法の他のセクションもあります-セクション116のように-内務大臣にビザをキャンセルして非市民を国外追放するための挑戦できない力を一掃することを与えます。

ニュージーランドの児童委員であるアンドリュー・ベクロフト裁判官は、ブリーフィングで彼に提供された情報に基づいて、オーストラリアが児童の権利に関する国連条約の下での国際的な法的義務に違反したようだと述べた。

「これは歴史上最も署名された大会であり、私たちはそれで速くそして緩く遊ぶことはできません」と彼はラジオ・ニュージーランドに語った。

「私が現時点で知っていることで、2つの国がその条約に署名しているが、実際にそれを適用し、それを遵守しているのは1つだけであると結論付ける理由はすべてあると思う」と彼は述べた。

ベクロフト氏は、条約が義務付けているように、彼を国外追放する決定において、子供の利益は卓越しているとは見なされていなかったようだと述べた。

「なぜ私が理解している国に、支援なしで彼を一人で飛行機に乗せたのか、私たちはこれをチェックする必要があります、彼はこれまで行ったことがありません。

「どんな分析でも、私たちがこれまでに知っていることについてはとんでもないように思えます。」

そして、子供の国外追放は、オーストラリアの内務大臣、ピーター・ダットンによって悪化したニュージーランドでの憤慨の高まりに直面しており、15歳などの非市民の強制追放は単に「性格上の理由」であると主張しているオーストラリアは「ゴミを出す」。

この記事についてガーディアンと話をしたニュージーランドの何人かは、オーストラリア市民がニュージーランドの現代史上最も暴力的な行為を行い、51人を殺害したクライストチャーチ虐殺の記念日にダットンがコメントしたと述べました。

オーストラリアの内務部門のスポークスパーソンは、「有効なビザを持っていない非市民は、オーストラリアからの拘留と連れ去りの責任を負います」と述べています。

「この部門は、未成年者のビザのキャンセルに高度な注意と協議をもってアプローチし、関連するすべての要素が考慮され、アプローチがコミュニティや政府の期待と一致していることを確認します。」

ペインは、15歳の少年の強制送還が最後ではないことを恐れていると言います。

「この少年は、どのようにして、そしてなぜ彼が国外追放に直面している状況に陥ったのですか? それは一人の子供から始まりますが、一人で終わることはありません。」

ペイン氏によると、ニュージーランド人はオーストラリアの多数の法律によって体系的に差別されており、特に子供たちの間で深刻な脆弱性につながっています。

ニュージーランドの子供たちは、オーストラリアのすべての納税者がそれに貢献しているにもかかわらず、国家障害保険制度にアクセスできません。2001年の法改正以来、ニュージーランドの子供たちは社会保障、危機的住宅、その他の重要な支援からも切り離されています。

「これは私たちの子供たちを無声のままにします、これは私たちの子供たちをホームレス、そして家庭内暴力のような危険に対して無防備にします」とペインは言います。

「オーストラリアの私たちの子供たちは政治的代表を持っていません。 多くのニュージーランド人にとって、永住権への公正な道はありません。彼らは市民権を得ることができず、投票することもできません。」

成人としてオーストラリアからニュージーランドに強制送還された人々の多くは、オーストラリアでほぼ一生を過ごし、正式に市民権を採用していなかったり、採用できなかったとしても、自分たちをオーストラリア人と見なしています。

政治的には、問題はオーストラリアとニュージーランドの間の緊張の高まりでした。

ニュージーランドのジャシンダ・アーダーン首相は昨年、オーストラリアのスコット・モリソン首相を公に非難し、強制送還は国の関係を「腐食」させたと語った。

「私は数え切れないほどの個人の事例を聞いたことがあります [deported to NZ] 常識的なテストで誰がオーストラリア人であるかを特定します」とアーダーンは言いました。

「私はオーストラリアに引っ越してきた1歳以下の女性に会いました。 彼女は私たちの国とは関係がないがオーストラリアには3人の子供がいると私に言った。 彼女は危機の中心にいて、自分が自分のものだとは思わなかった国に戻ったのです。」

オーストラリア弁護士同盟のスポークスパーソンであるグレッグバーンズSCは、ガーディアン紙に対し、「オーストラリアが一人でいる状況で子供を国外追放することは非常に厄介だ」と語った。

「それに付随する秘密は再び非常に不安です。政府が子供のプライバシーを保護することであると言うのは便利ですが、プロセスの周りに透明性があることは基本的に重要です。

「私たちの見解では、子どもの権利条約がここで違反されていることに疑いの余地はありません。 子供は大人の拘禁の対象となることはできず、子供の最善の利益は常に最優先されなければなりません。 ここでは明らかにそうではありませんでした。」

オーストラリアの大臣自身の法律とガイドライン-明示的に方向65、現在の首相モリソンによって署名された-は、子供の利益が他のすべての懸念を上回らなければならないと主張している。

オーストラリアは以前、未成年者を国外追放しようとしました。 納屋は、17歳の子供が国外追放に対して上訴するのを助けました。

納屋はまた、たとえ彼が行くことに同意したとしても、子供の連れ去りは「自発的」としてキャストすることができなかったと言います。 ガーディアンは、子供がオーストラリアで強制的に拘留されていたことを理解しており、彼が国を離れることに同意しなかった場合、継続的な、潜在的に無期限の拘留に直面しました。

「どうして自発的だと言えますか。それは、彼を拘束していた政府に反対する、脆弱な15歳の子供です。 状況は恐ろしいです。」

Amnesty International Aotearoa NewZealandの事務局長であるMegde Rondeは、ニュージーランドに強制的に送られた人々の多くは「かなり恐ろしい」状況に直面していると言います。

「家族からの隔離は非常に困難です。人々の人生はオーストラリアにあります。彼らのパートナー、子供、そしてすべての人です。 これらの人々の多くはニュージーランドではほとんどつながりがないため、大きな問題があります。 多くの場合、結果はかなり恐ろしいものです。」

オーストラリアがその法律の「性格テスト」条項を使用したことは、一部の強制退去は犯罪を必要とさえしなかったことを意味した、とdeRondeは言います。 そして彼女はオーストラリアの政治家からの攻撃的な政治的レトリックを非難した。

「人間性の抹殺はオーストラリアからのそのような心配なアプローチです。 私は絶えず人々をデモンストレーションし、選び出すことによって考えなければなりません–「ゴミを出す」–この品位を傷つける言葉は、これのトラウマと恥と屈辱を悪化させているだけです。」

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *