エアバスは利益を取り戻しましたが、危機は終わっていないことを警告しています。

エアバスは木曜日、コロナウイルスのパンデミックにより昨年11億ユーロの損失が発生した後、第1四半期に黒字に戻ったと発表しましたが、経営幹部は経済的被害が続くと警告しました。

世界最大の航空機メーカーの最高経営責任者であるギヨーム・フォーリー氏は声明のなかで、「第1四半期は、業界の危機がまだ終わっておらず、市場が依然として不透明であることを示しています」と述べています。

エアバスは、昨年発表されたグローバル事業の11,0​​00以上のレイオフを含むコスト削減策として、1月から3月の間に3億6,200万ユーロ(4億4,000万ドル)の純利益を計上しました。収益を強化しました。 収益は2%減少して105億ユーロになりました。

エアバスは、3か月間に125機の民間航空機を航空会社に納入しました。これは前年の122機から増加しています。 全体として、エアバスは2020年に566機の航空機を航空会社に納入しました。これは、パンデミック前の予想よりも40%少なくなっています。

エアバスは以前、新しいウイルスの亜種が世界的な空の旅の再開を遅らせるため、パンデミックによって引き起こされた混乱から業界が回復しない可能性があると警告していました。

見通しが不透明なため、エアバスは今年、航空機の納入を増やすことはありません。 同社によれば、昨年と同数の航空会社からの受注残で566機の納入を見込んでいるという。

年間の基礎営業利益は20億ユーロの予測を維持しました。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *