オンラインでの反アジア活動が現実世界の暴力の舞台をどのように設定したか

否定的なアジア系アメリカ人の比喩はオンラインで長い間存在していましたが、米国の一部がコロナウイルスを封鎖したため、昨年3月に増加し始めました。 その月、アリゾナ州の共和党員であるポール・ゴサール議員とカリフォルニア州の共和党員であるケビン・マッカーシー議員を含む政治家は、ツイートでCovid-19を指すために「ウーハンウイルス」と「中国コロナウイルス」という用語を使用しました。

その後、カリフォルニア大学バークレー校の調査によると、これらの用語はオンラインでトレンドになり始めました。 ゴサール氏がツイートを投稿した日、「中国のウイルス」という用語の使用はTwitterで650%急増しました。 調査によると、1日後、保守的なニュース記事での使用が800%増加しました。

トランプ氏はまた、昨年3月にツイッターに「中国のウイルス」について8回投稿し、硝子体反応を引き起こした。 彼の投稿の1つの返信セクションで、トランプの支持者は「Uがウイルスを引き起こした」と回答し、Covid-19の米国の死亡統計を引用したアジアのTwitterユーザーにコメントを向けました。 トランプのファンは、アジアの人々についてのスラーを追加しました。

今週のカリフォルニア大学サンフランシスコ校の調査では、トランプ氏の2020年3月の投稿の前後に70万件のツイートを調べた研究者は、ハッシュタグ#chinesevirusを投稿した人が#bateatingchineseを含む人種差別的なハッシュタグを使用する可能性が高いことを発見しました。

「 『中国のウイルス』は人種差別主義者ではなく、使用できるという多くの議論がありました」と、カリフォルニア大学サンフランシスコ校の疫学助教授であるユーリン・スウェンは述べました。 しかし、この言葉は「これらの感情を持っている人々を集めて活気づけ、人種差別主義者の信念を正常化することができるようにするための集会の叫び」に変わったと彼女は言いました。

トランプ氏、マッカーシー氏、ゴサール氏の代表はコメントの要請に応じなかった。

コロナウイルスを反アジアの信念に結びつける誤った情報も昨年増加した。 メディアインサイト企業のZignalLabsによると、昨年3月以降、オンラインでの反アジアスピーチについて800万件近くの言及があり、その多くは虚偽であるとのことです。

一例では、根拠のないウイルスに感染した4月のFox Newsの記事によると、コロナウイルスは中国の武漢市の研究所で作成され、意図的にリリースされたとのことです。 ソーシャルメディアを分析するためのFacebook所有のツールであるZignalとCrowdTangleのデータによると、この記事はFacebookで100万回以上高く評価され、共有され、Twitterで78,800回リツイートされました。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *