ケノーシャ射撃は3人の死者を残す

ウィスコンシン州ケノーシャのバーでの銃撃で少なくとも3人が死亡しました。これは、このような流血がひどく当たり前になっている国での銃による暴力の最新の事例です。

キノーシャ郡保安官局は容疑者が大勢いると述べたが、午前12時42分に行われたサマーズハウス居酒屋での銃撃は「標的を絞った孤立した事件」のようだと付け加えた。

「現時点では、コミュニティへの脅威はないと考えています」とSgt。 保安官部門のデビッド・ライトは、日曜日の朝に発表された声明の中で述べた。

犠牲者はまだ特定されていた、とライト軍曹は言った。 地元の新聞であるケノーシャニュースによると、サマーズハウスはカーセージ大学の学生に人気がありました。

イリノイ州との国境から数マイル北にあるミシガン湖にある約10万人の都市、ケノーシャは、昨年、全国で反響を呼んだ銃撃の現場でした。

8月、ケノーシャ警察官が29歳の黒人男性であるジェイコブブレイクを射殺し、彼を部分的に麻痺させた。 銃撃は、ジョージ・フロイドや他の人々の警察による殺害をめぐって全米で勃発した抗議行動を再燃させた。 イリノイ州出身のティーンエイジャーであるカイルH.リッテンハウスは、その後のケノーシャでのデモ中に2人を射殺した罪で起訴されました。

Gun Violence Archiveによると、昨年と今年は米国で600回以上の銃乱射事件が発生し、今年は4月16日時点で147件の銃乱射事件が報告されています。 その組織は、銃乱射事件を、加害者を除く4人以上が負傷または殺害される銃乱射事件と定義しています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *