コロナウイルスによってNCAAトーナメントから強制退去させられたVCU

コロナウイルスのパンデミックは、土曜日に初めてNCAAのディビジョンI男子バスケットボールトーナメントを混乱させました。このとき、第7シードのオレゴンとバージニアコモンウェルス(第10シード)の間で計画された試合が、ウイルス関連の問題のために非コンテストと宣言されました。

VCUは土曜日の夜の声明で、過去48時間に「複数の陽性テスト」を受けたと述べた。

VCUのコーチであるマイク・ローデスは声明のなかで、「選手とコーチに打撃を与えている」と述べ、チームは過去3週間毎日テストを受けていたと述べた。

土曜日の自身の声明の中で、NCAAの男子バスケットボール委員会は、VCUの選手とコーチが「参加する権利を獲得したトーナメントでプレーすることができなくなる」ことを後悔していると述べた。

トーナメントのルールに基づき、オレゴンは自動的にトーナメントに進み、土曜日の夜の第2アイオワと第15シードのグランドキャニオンとの試合の勝者を演じます。

ウイルスは、パンデミックのために完全にインディアナで行われているトーナメントに、本格的に始まる前にチャンピオンシップクエストを終了する脅威として迫っています。 先週、アトランティックコーストとビッグ12カンファレンスでは、デューク、カンザス、バージニアの各チームがウイルスのためにトーナメントから撤退しました。

NCAAの関係者は、協会の年間収益の大部分を占める大学スポーツのジャガーノートである男子トーナメントにウイルスが侵入するのを防ぐために、プレーヤー、コーチ、および関係者に重大な制限を課しています。 参加は制限されており、チームは主にインディアナポリスのホテルに限定されており、トーナメントに関係する多くの人々がウイルスの毎日のテストに直面しています。

さらに、チーム旅行パーティーのメンバーは、インディアナに旅行する前に、7日間連続してウイルスの検査で陰性である必要がありました。

しかし、月曜日のインタビューで、NCAAの社長であるマークエマートは、4月5日に終了する予定のトーナメント中に事件が表面化する可能性があることを認めました。

「最初の目標は深刻な医学的問題ではありません」とエマートは言いました。 「それは、チームが撤退したり、誰かがテストで陽性になったりする必要がないという意味ではありません。私たちはそれについてナイーブではありませんが、全体を通して深刻な医学的問題はありません。」

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *