コロナウイルスのライブニュース:アイルランドは来月封鎖を緩和し始める。 トルコの報告は毎日のCovid症例を記録しています| 世界のニュース

アイルランド 首相は来月、3か月間の封鎖解除を開始する ミホル・マーティン 火曜日に言った、たとえ多くの制限が5月まで有効であるとしても。 AFPには次のレポートがあります。

「私たちはこの恐ろしい旅の最後の段階にあります」とマーティンは全国演説で、ヨーロッパで最も厳しく、最も長く続いている国家封鎖の1つのマイナーな緩和を発表しました。 「今は安全であるため、予防接種プログラムを大幅に強化しながら、夏の後半にははるかに大きな自由を享受できます。」

アイルランドは12月下旬に3回目のコロナウイルス封鎖を開始し、レストラン、パブ、必須ではない店を閉鎖し、人々に家にいるか、必須でない旅行を半径5km以内に制限するよう求めました。

しかし、それは人々が彼らの郡内を自由に旅行することを許される4月12日から緩和し始めるでしょう。 2世帯が屋外で会うことが許可され、一部の一時停止された建設工事が段階的に再開されます。

生徒はすでに3月に段階的に教室に戻り始めましたが、学校は4月12日までに完全に開校する必要があります。

マーティン氏によると、来月後半には、一部のスポーツ活動の再開が許可され、屋外の観光スポットが再開される予定です。

その後、政府は5月に、必須ではない店舗、美容院などの個人向けサービス、美術館、図書館、ギャラリーの段階的な再開を検討します。

「この時点での広範囲にわたる制限の解除は、さらに実質的な予防接種に先立って、感染、入院、死亡の容認できない増加につながるだろう」と政府は述べた。

マーティン氏によると、アイルランドでは現在80万回以上のワクチンが接種されており、供給問題に悩まされているEU全体のプログラムに展開が結びついています。

最新の公式統計によると、これまでに、500万人の国で4,681人がコロナウイルスで死亡しています。

パンデミックの最初の2つの波を比較的よく風化させたにもかかわらず、アイルランドは3番目の波によって大きな打撃を受け、2021年の初め以来記録された総死亡者数の半分以上を占めています。

政府は、より感染性の高い新しいウイルス変異体の到着を非難しましたが、クリスマス前に制限を緩和するというダブリンの決定も重要な役割を果たしたと見られています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *