スーパーファミコンワールドはパンデミックを超えたレベルを探す

1年間のパンデミック生活の後、多くの人々が脱出を必要としています。 木曜日に、日本の何千人もの人々がマリオブラザーズのファンタジーランドで1つを見つけました。

テーマパークのスーパーニンテンドーワールドが大阪のユニバーサルスタジオジャパンにオープンし、数か月の遅れを終わらせ、マリオカートでレースをしたりクエスチョンマークブロックをパンチしたりするためにコロナウイルスが循環している間に人々がたくさん集まりたいという提案をテストしました。

当局は、感染の拡大を防ぐための措置を講じていると述べた。 公園の定員は10,000人に制限されています。 ゲストは入室時に体温を測り、マスクを着用し、頻繁に手を洗い、他の人との距離を保つ必要があります。

オープニングは、予防接種が増えてウイルスが抑制されているか、人々が通常の生活の喜びを忘れるのに飽き飽きしているため、世界がパンデミックの密室から忍び寄り始めていることを示す最新の兆候でした。

日本はウイルスの最悪の影響を免れ、9,000人未満の死者が報告されています。 しかし、接種キャンペーンはほとんど進行中でないため、任天堂公園は、人口が集団免疫のレベルに達する前に数ヶ月の運営に直面しています。

もともとは東京五輪に間に合うように去年の夏に開園する予定だったが、2月に延期された。 (オリンピックも延期された。)大阪エリアでのコロナウイルスの発疹が当局に非常事態宣言を促したため、開場は再び延期された。 その宣言は3月1日に解除されました。

これで、マリオファンは公園の入り口にあるおなじみの緑のワープパイプを通り抜けて、スーパーマリオブラザーズのテーマソングの8ビットの国歌が背景に浮かぶように、パチンと鳴る火のピラニア植物と飛び跳ねるキノコの領域に現れることができます。

今のところ、訪問者はすでに日本にいる人だけです。 国の国境は何ヶ月も非居住者に閉鎖されています。

「パンデミックが収まったら、世界中のみんなが私たちを訪ねてくれることを願っています。 マリオシリーズの作者で任天堂のゲームディレクターである宮本茂氏は、木曜日のオープニングで、キャラクターの特徴的な赤い帽子をかぶって言った。

公園のオープンは、日本、フロリダ、カリフォルニアのユニバーサルスタジオパーク内のテーマエリアであるウィザーディングワールドオブハリーポッターの紹介に続きます。 これは、主要なビデオゲームフランチャイズに基づいた世界で最初の恒久的なアトラクションの1つです。 スーパーファミコンワールドパークも、今後数年間でシンガポールと米国で計画されています。

ファンやゲーマーは、特に近年のゲームの世界の爆発的な増加を考えると、そのようなテーマパークは長い間延期されていたと述べました。 世界のビデオゲームの売上高は、米国の映画業界とスポーツ業界を合わせたものを上回り、昨年は約1,800億ドルに達しました。 新しい公園はまた、2017年にリリースされたビデオゲームコンソールであるNintendoSwitchの成功を利用しています。約8000万台が販売されました。

「宮本茂の想像力から生まれたものなので、スーパーマリオブラザーズの雰囲気を現実世界にもたらします」と、公園を訪れた日本を拠点とするゲーム開発者のロバート・セファゾン氏は語った。

「それは少し現実逃避であり、実際に機能しますが」と彼は付け加えました。パンデミックは完全に消えることはなく、共有タッチスクリーンが危険をもたらさないようにマスクと手で消毒します。

巨大な遊び場の中で、訪問者はピーチ姫の城を探索し、ヒキガエルのような格好をした人々が提供する巨大なキノコの中でハンバーガーを食べることができます。 アトラクションは現在マリオ中心ですが、見慣れたデザインの施錠されたドアが、ドンキーコングの世界を含むようにサイトが拡張される手がかりになる可能性があると推測する人もいます。

開会式に出席した兵庫県出身の高校教師、上浦萌さん(31)は、「自分がどの世界にいるのか、仮想世界なのか現実世界なのかわからなかった」と語った。

木曜日にファンがサイトを駆け巡る中、海外と日本を問わず、ファンもマリオの世界に逃げるにはしばらく時間がかかるかもしれないと悲しみを表明した。

「コビッドが終わったら任天堂の世界に行きたい」と書いた Twitterで1人。 「でも、その日はいつになるのだろうか。」

Hisako Ueno 寄稿レポート。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *