ニュージーランドのティーンエイジャー、ロビンソンがシーズン最後のワールドカップレースでシフリンをピップ| ミカエラ・シフリン

アグレッシブなセカンドランは、ミカエラシフリンに先んじてティーンエイジャーのアリスロビンソンを持ち上げ、日曜日の女子ワールドカップスキーシーズンを終えた大回転を勝ち取りました。

ロビンソンはオープニングランで4番目に速く、2018年のオリンピックチャンピオンのシフリンを0.77秒下回りましたが、レンツァーハイデでは0.28の勝利になりました。

ワールドカップサーキットでの大回転での19歳のニュージーランド人の3回目の勝利でした。

「よくやった」と、ティーンエイジャーとしてワールドカップのレースでも優勝し始めたシフリンは、フィニッシュエリアでロビンソンに語った。 メタ・フロバットは3位で、ロビンソンに0.48差をつけました。

すでにシーズン中の大回転タイトルを獲得したマルタ・バッシーノは7位で、1.45バックでした。

ワールドカップの総合チャンピオンに輝いた翌日、ペトラ・ブルホバは疲れたシーズンを11位で終えました。

54年のワールドカップの歴史の中で最初のスロバキアチャンピオンは33レースのうち31レースを開始しました。 彼女の感情的に疲れた土曜日には、スロバキアのズザナ・チャプトヴァ大統領との電話で祝福されたことが含まれていました。

ブルホバはフェデリカ・ブリニョーネから総合タイトルを獲得しました。フェデリカ・ブリニョーネは第4日曜日に出場し、厳しい旅行と健康のプロトコルで開催され、フィニッシュエリアへのファンの立ち入りが禁止されている困難なシーズンについて話しました。

「今シーズンはもう十分だ。 本当に長かったし、本当に良くなかった」と笑顔のブリニョーネはスイスの放送局RTSにレースでの雰囲気の欠如を理由に語った。

それでも、2回目の実行ではロビンソンだけが速かったので、ブリニョーネは繁栄して終わりました。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *