ホワイトハウスは、クリーンテクノロジーに関して米国が中国に遅れをとっている、と述べている

金曜日にバイデン政権が発表した報告書は、クリーンエネルギー技術の採用と炭素排出量の削減の失敗が経済的コストの上昇に寄与すると主張し、米国がその影響に対抗する戦略を開発する努力に遅れをとっていると警告している気候変動の。

バイデン大統領の経済諮問委員会によって発行された報告書は、彼の政権が10年の終わりまでに排出量を半分に削減することを約束したときに来ます。 これは、米国が技術革新に行った投資と、政府が1960年代に宇宙飛行士を月に送るために費やした金額とを比較しています。 1964年に月面着陸。

「そのような戦略がなければ、労働者は、将来の新興の無炭素産業における新しい国内雇用が少なすぎることに加えて、高炭素産業における雇用の減少の二重の悪影響に見舞われる可能性がある」と報告書は述べた。

37ページのレポートはまた、世界の炭素排出量が今後10年間ほぼ同じであり、バイデン政権が今後10年間で炭素排出量を削減し、正味ゼロレベルに到達するという目標と矛盾することを示しています。 2050年までに。

報告書によると、米国はまた、気候変動の影響を減らすことができる技術を開発する取り組みにおいて、世界最大の競争相手に遅れをとっています。 ブルームバーグのデータを引用して、レポートはいくつかの暗い比較を示しています。中国は、バッテリーセル製造から風力タービンまで、クリーンテクノロジーセクター全体で市場シェアを支配してきました。 報告書によると、この影響は「より勇敢な国への依存度が高まることを意味する」とのことです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *