一部の長いCovid-19患者は、ワクチン投与後に気分が良くなります

345人、主に女性、主に英国での1つの調査では、最初のワクチン投与から2週間以上後に、93がわずかに気分が良くなり、18が正常に戻ったと感じました。合計32%が長いCovid症状の改善を報告しました。

その調査では、Covid後の症状を経験したロンドンを拠点とする映画製作者であるGez Medingerによると、18%弱の61人が気分が悪くなり、ほとんどの人が状態のわずかな低下しか報告していません。 ほぼ半数(172人)が同じように感じていると報告しました。

150,000人以上のCovid生存者のグループであるSurvivorCorpsによる別の調査によると、3月17日の時点で、577人の回答者のうち225人がある程度の改善を報告し、270人は変化を感じず、82人は悪化したと感じました。

ミネソタ州サギノーのジム・ゴーレンさん(55歳)は、ワクチン接種以来、長い間コビッドの症状が悪化していると感じています。 同じく小さな農場を持っている元ホスピス看護師のゴーレン氏は、彼の肺の血栓、胸痛、脳の霧、不眠症、そしてどんな運動でも息切れを含む数ヶ月の困難を経験しました。 昨年末、数人の医師に診てもらい、「ようやく良くなり始めた」と語った。

1月中旬にファイザーワクチンの2回目の接種を受けて以来、胸焼けと息切れは、特に農場のカエデの木から樹液を集めるなどの活動で自分自身に課税した場合、復讐をもって戻ってきたと彼は言いました。 それにもかかわらず、ゴーレン氏はワクチン接種を受けて「とても幸せ」であると述べ、コビッドの影響はさらに悪化し、それを防ぐことが重要であることを強調しました。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *