世界最大のジュエリーメーカーであるパンドラは、採掘されたダイヤモンドからラボで作成されたダイヤモンドに移行します。

世界最大の宝石商であるパンドラは火曜日に、新しいデザインに採掘されたダイヤモンドを使用せず、代わりに研究所で生産された人工石に切り替えると述べた。

コペンハーゲンに本拠を置く同社は、2022年に他の市場に参入する前に、今年英国で合成石を使用する最初のコレクションをリリースすると発表しました。リング、バングル、イヤリングの範囲は、0.15〜1カラットのサイズの石を備えています。 Pandoraの最高経営責任者であるAlexanderLacikは火曜日の声明で、ダイヤモンドは手頃な価格で持続可能なものでなければならないと述べました。

ラボで育てられたダイヤモンドは、物理的、化学的、光学的に採掘されたダイヤモンドと同一であり、支持者は、それらの生産は従来の採掘慣行よりも環境へのダメージが少なく、人権侵害と同じ関連性がないと述べています。 Bain&Companyのレポートによると、人工ダイヤモンドの価格は、鉱夫De Beersが2018年に合成石の提供を開始してから、過去2年間で下落し、現在、採掘されたダイヤモンドの最大10倍の価格になっています。

採掘されたダイヤモンドは、昨年製造された合計8,500万個のアイテムのうち、約50,000個のPandoraジュエリーに組み込まれました。つまり、企業のサプライチェーン内で必要なシフトはごくわずかですが、Pandoraによる発表は、ジュエリービジネスに関して消費者が抱く増大する倫理的懸念に対処します。 宝石商は、2025年以降はリサイクルされた金と銀のみを使用するとすでに述べています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *