予防接種が遅れると、イタリアの高齢者は再び代償を払う

しかし、イタリアの死亡率が再び上昇しているので、犠牲者は主に高齢者のままであり、接種ドライブが国やヨーロッパの他の場所でつまずいているということは、まだ変わっていません。

「いいえ、残念ながら、私は高齢者を保護することができませんでした。高齢者を保護することがどれほど重要であるかを明確にするためです」と、中期にちなんで名付けられた病院の集中治療室長であるルカ・ロリーニ博士は言いました。ベルガモで生まれた20世紀の教皇。 「80歳以上の高齢者が10人いて、彼らがCOVIDに感染した場合、その年齢層では、10人中8人が死亡します。」

それは最初の恐ろしい波に当てはまり、その後のスパイクでも「まったく同じ」ままだったと彼は語った。

十分に文書化されたワクチン供給の中断と組織の不足の中で、3月末までに80歳以上のすべてのイタリア人にワクチン接種するという約束はひどく不足しています。 これまでに投与されたイタリアの730万回の投与量のわずか3分の1がその年齢層に行き、第二次世界大戦の記憶を持っている人の半数以上がまだ最初のジャブを待っています。

「私たちはすでにこれを終えるべきだった」とロリーニはAP通信に語った。

イタリアの新首相、マリオ・ドラギは、木曜日のベルガモ訪問中に、ワクチンキャンペーンが加速されることを約束した。 彼の発言は、彼がイタリアの104,000人以上の死者を称えるために公園を開設したときに出されました。 3月上旬まで、これらの死亡の3分の2は80歳以上の死亡でした。

「私たちは、壊れやすい人々が十分に助けられ保護されないことは二度と起こらないことを私たちの高齢者に約束するためにここにいます。 このようにして初めて、私たちは私たちを去った人々を尊重します」とドラギはベルガモから死んだウイルスを運ぶ最初の軍の護送船団の記念日に言いました。

イタリアは、ヨーロッパで最初に広範囲の予防接種を認可した国である英国に目を向けることで、その将来を見ることを期待できます。 英国の人口の38%以上が、70歳以上の医療従事者や介護施設のスタッフをはじめとして、12月初旬から接種を受けています。

ウイルスによる死亡でヨーロッパをリードしている英国では、75歳以上の死亡者の割合がワクチン接種キャンペーン前の全体の75%から3月5日までの週の64%に減少しています。英国全体の死亡者数は平均128人から減少しています。 1月20日に終了した週の最高値である1,248から、直近の7日間の1日。これもロックダウン対策のおかげです。

スペイン、フランス、イタリアは、医療従事者とともに、ナーシングホームの住民への予防接種を優先しました。これは、春の急増で最も被害が大きかった人口の1つです。 彼らはイタリアの最初の波での死者のほぼ3分の1を占め、フランスのパンデミックによる死者数の3分の1は約91,100人です。

フランスでは、予防接種の数が増えるにつれ、ケアホームでのCOVID-19感染と死亡は着実に減少傾向にあり、85%が少なくとも1回の接種を受けています。 初期の兆候は、75歳以上のICU患者の割合も2月以降減少し始めており、この年齢層のほぼ半数が少なくとも部分的に予防接種を受けていることです。 フランスでの発生が新たに悪化したにもかかわらず、介護施設の居住者の状況は改善されました。

スペインでは、予防接種プログラムの第1段階に続いて、ナーシングホームでの感染と死亡が大幅に減少し、死亡者が大幅に減少しています。

1月にナーシングホーム入居者への予防接種が開始されたイタリアでは、他の高齢者の2月中旬と比較して、ナーシングホームの感染率が低いことが「早期の成功」と宣言されています。

「ワクチン戦略の勝利として数えることはできません」と保健省の感染症局長であるジョバンニ・レッツァ博士は最近認めました。

レザ氏は金曜日、アストラゼネカの予防接種が再び使用されるようになった今、1日20万回の予防接種を2倍にすることを目指していると語った。 国際保健機関が政府にショットを進めるように促したにもかかわらず、ワクチンの一部のレシピエントで血栓が報告された後、その使用は一時的に中断されました。

動きの速い英国の亜種によって推進されたイタリアの感染率は7週連続で上昇しており、80歳以上の250万人以上のイタリア人が彼らの攻撃を待っています。 さらに悪いことに、多くの人はまだそれらをいつ入手するかについての兆候を持っていません。

ルカ・フスコは、2020年3月11日に父親がCOVID-19で亡くなった後、死者を思い出し、彼らの記憶に正義を擁護するグループを設立しました。

夫の死去記念日に83歳の誕生日を迎えた母親は、要請を提出してから1か月以上も予防接種の予約を受けていません。 フスコ氏は、ベルガモ近くの小さな町に住む数百人の高齢者のほとんどに当てはまると述べ、各ショットを取得するために30マイル(20 km)移動する必要があり、多くの人にとって負担であると述べました。

イタリアの目標は9月までに人口の80%に予防接種をすることであり、ドラギはキャンペーンを再開するために軍の将軍を任命しました。 Fuscoは、彼のグループ「Noi Denunceremo」(「We Will Denounce」)がこの問題の監視役を務めると述べました。

「ドラギは、9月までに私たち全員に予防接種を受けると言いました。 完璧だ」とフスコは言った。 「私たちはそれに注意しました。 これが真実でない場合、私たちは私たちの声を聞かせます…そしてドラギに説明を求めます。」

AP通信のライターであるロンドンのダニカ・キルカ、パリのジョン・レスターとシルビー・コーベット、バルセロナのジョセフ・ウィルソン、ベルリンのフランク・ジョーダン、ブリュッセルのサミュエル・ペトレキンが寄稿しました。

APのパンデミック報道を以下でフォローしてください。

https://apnews.com/hub/coronavirus-pandemic

https://apnews.com/hub/coronavirus-vaccine

https://apnews.com/hub/understanding-the-outbreak

Copyright2021AP通信。 全著作権所有。 この資料は、許可なく公開、放送、書き換え、または再配布することはできません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *