文化を再定義する黒いオタク

黒人オタクの簡単な歴史は、独立戦争前のフィリスホイートリーにまでさかのぼります。フィリスホイートリーは、アフリカ系アメリカ人として初めて英国の詩集を出版した奴隷として生まれました。 18人の白人男性が彼女の「さまざまな主題に関する詩」を紹介するメモ「一般公開」で自分自身を説明したように、ホーマー、オウィディウス、ウェルギリウスの作品に関する彼女の知識を「ボストンで最も立派な人物」のパネルに伝えました。 、宗教と道徳」(1773)。 黒オタクはチャールズW.チェスナットのページにも住んでいます。彼の短編集「TheConjureWoman」(1899)は、19世紀後半のピールの「GetOut」の反復のように読まれ、黒の想像力のリソースが克服されています。白い神話と支配の沈んだ場所。 そしてそれはラルフ・エリソンの「見えない人間」(1952)に住んでおり、その無名の黒人男性の主人公は、正確に1,369個の電球を備えた地下の隠れ家から彼の人生の物語を書いている自称「シンカーティンカー」です。 小説のタイトルでさえ、HGウェルズの空想科学小説の古典「透明人間」(1897)を想起させ、人種差別的な白い視線の下での黒人のアイデンティティの消去のメタファーとして不可視性を転用しています。

1980年代にアラバマ州モビールで、2人のいとこ(男の子と女の子)が何時間も一緒に想像上の世界を思い起こさせました。 彼は漫画が大好きでした。 信じられないほどのハルクシリーズは彼のお気に入りでした。なぜなら、少年はブルースバナーのように白くなることは決してありませんが、ハルクのように緑に変わる可能性があるからです。 彼女はサイエンスフィクションが大好きでした。 タニス・リーとCSフリードマンは、彼女のように黒人だったオクタビアE.バトラーと同様に彼女を魅了しました。 生涯の半分を早送りし、現在48歳の少年、スタンダップコメディアンで政治評論家のW.カマウベルは、CNNの「TheUnited ShadesofAmerica」で3回連続のエミー賞を受賞しています。 現在48歳の女性、小説家NKジェミシンは、彼女のブロークンアース三部作の小説で3回連続のヒューゴー賞を受賞しています。 「私はそれについて考えて鳥肌が立ちます」とベルは言います。 「祖母の家にいる私たち二人は、子供が床に横になっていて、彼女の文章と私が絵を描いていて、私たちが収まる気がしなかったので、最終的には一緒にしがみついていました。」 その感覚は、特に自分自身を呼ぶ名前ができる前に育った人々の間で、黒人のオタクに共通しています。 「 『Blerd』という言葉を聞く前は、30代でした。 そして、「それは私が12歳のときに役に立っただろう」と思いました」とベルは言います。 彼によると、それは「旗を立てる」ことについてです。 Blerdは、集団的アイデンティティの空間内での黒人の個性の自由で完全な行使を主張します。

黒人の苦しみと死がニュースを支配したときに、黒人の創造的な声が非常に強力に主張したのは偶然ではありません:エリック・ガーナー、エリヤ・マクレーン、デリック・スコット、ジョージ・フロイドはすべて、殺される前に「息ができない」と叫びました法執行機関の手に。 このフレーズは、ブラック・ライヴズ・マターの活動家たちの集会の叫びとなりました。 ベルは、それらの絶望的な言葉の中で、アーティストの行動を促すフレーズも聞いています。 彼のいとこの小説は、遠くの惑星を舞台にしており、その名前が舌の上で異質に聞こえる存在によって人々が住んでおり、現実逃避の空想以上のものです。 「この種の個人主義芸術は、黒人が呼吸するためのより多くのスペースを作り出します」とベルは言います。 「それは私たちがリラックスして自分らしくいるためのより多くのスペースを作り出します。 [Then] 戦う必要があるときに、実際に立ち上がって戦うことができます。」

芸術と行動主義は、黒人のアメリカ人の生活の中でしばしば互いに付随してきました。 「すべての革命、すべての進化には、ある種の美的な姉妹または兄弟の動きがあります」と、カリフォルニア大学リバーサイド校のメディアおよび文化研究の教授であるアーティストのジョン・ジェニングス(50歳)は言います。バトラーの「種まきの寓話」(2020年)と「キンドレッド」(2017年)、そして2015年には、アーティスト活動家がどのようにファンタジーを探求するかを探る、賞賛されたコレクション「オクタビアの繁殖:社会正義運動からのサイエンスフィクションストーリー」の表紙を描きました。政治的変化の源でもあります。 序文で、本の共同編集者であるWalidahImarishaとAdrienneMaree Brownは、行動を促すフレーズを発行します。 「私たちは、将来に向けて自分自身を書くことが私たちの権利と責任であると信じています。」

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *