新聞から凧を作る

作りやすく、飛ばしやすいダイアモンド凧(2本の棒を交差させて束ね、ダイアモンド型の紙で覆ったもの)は、西洋で最も有名な凧の形です。 1600年代の木版画の画像は、ダイヤモンドカイトへの最も古い既知の参照です。 そして、必要なのは、2本の棒と新聞とひもだけです。

さて、あなたはアップデートの準備ができていますか? この21世紀のダイヤモンド凧は、棒も含めてすべて新聞で作られています。

ステップ1

2ページの新聞の真ん中の折り目を研ぎ、それを開きます。 鉛筆で、ページの上部から指の幅ほどのドットを作成します。

ステップ2

ドットから真っ直ぐ下に4インチと3/4インチを測定し、スポットをマークします。 そのスポットから、両側に9インチ半の距離を測り、再びスポットに印を付けます。 真ん中の点に戻って、そこから14インチと4分の1インチ下を測定し、その場所に印を付けます。

ステップ3

定規を使用してドット間に直線を描き、ひし形の輪郭を作成します。 テープの端を線の中央に配置して、線の上にテープを置きます。

ステップ4

はさみでひし形を切り取ります。 これにより、新聞のダイヤモンドの端の周りにテープの半分の幅が残ります。 テープはすっきりとしたエッジを生み出し、飛行中の裂けを防ぐのに役立ちます。

ステップ5

ひし形の帆を別の新聞紙の上に置き、複製の帆の形を作ります。 このダイヤモンドをスパーにするので、エッジをテープで留める必要はありません。

ステップ6

カイトの幅を横切って、新聞を串の周りに片側から反対側に転がします。 数回転した後、串を外し、できるだけしっかりと転がし続けます。 ロールが終了したら、1インチのテープでフリーサイドポイントをロールに固定し、紙がほどけないようにします。 これがカイトの垂直スパーになります。

ステップ7

新聞の新しい2ページのシートに、ペンと定規を使用して、13⅜インチ×13⅜インチの正方形をマークします。 ステップ6で行ったように、正方形を切り取り、新聞紙を串の周りで角から角へと斜めに転がします。結果として得られるスパーの長さは約19インチで、カイトの水平スパーになります。 テープを追加して固定します。

ステップ8

別の新聞紙を使用して、ルールラインが1.5インチ離れて水平に平行になります。 線の全長に沿ってテープを置きます。 これは、カイトが飛行しているときにテールを強化するのに役立ちます。

ステップ9

はさみで線に沿ってカットし、結果のストリップを両側にテープで端から端まで結合します(少なくとも16フィートのテールストリップが必要です)。

ステップ10

垂直スパーの端の1つが重くなります。 スパーの真ん中を伸ばした指にかざすと、簡単に感じることができます。 ヘビーエンドをセイルのトップポイントに配置し、もう一方のエンドをセイルのボトムポイントに配置します。 短いテープで両端を帆に固定します。

ステップ11

水平スパーをセール全体に配置して、一方の端がセールのサイドポイントと揃うようにします。 短いテープでスパーチップをポイントに固定します。 次に、もう一方の端を下に降ろし、帆の反対側に合わせます。 前と同じようにテープで固定します。

交差するスパーを押しつぶさないように注意してください。

ステップ12

垂直スパーの両側の0.5インチの水平スパーを横切って垂直に2つの4インチのテープストリップを配置します。 チューブをつぶさないように注意しながら、帆にテープで留めます。

ステップ13

ロングテールリボンとテープの両端を帆の下部にある桁の両側に持っていきます。 カイトを裏返し、テープを追加して、本当に安全な接続を確立します。 尻尾はループのままにすることも、下部を半分に切って2つの別々の尻尾にすることもできます。

ステップ14

ポリエステルミシン糸のロールの自由端を、粘着テープの短いストリップでワインダーに取り付けます(必要に応じて、折りたたんだ新聞紙で作ることができます)。 次に、少なくとも100回転の糸を巻きます。 糸を切り、その端をカイトに取り付ける準備をします。

ステップ15

串を使って、水平スパーのすぐ下にある垂直スパーの両側のセールに小さな穴を開けます(できるだけ近くに近づけます)。 糸の端をセールに通し、垂直スパーの周りに突き刺し、セールのもう一方の穴に戻します。 2つまたは3つのハーフヒッチノットを使用して結びます。 垂直桁の糸の上に正方形のテープを追加して、糸の移動を止めます。

念のため、カイトの片側から糸が出て、反対側にスパーが付いています。 大丈夫? そうでない場合は、今すぐ切り替えてください。 言い換えれば、スパーはフライングカイトの後ろにあり、スレッドは前にある必要があります。

この凧はうまく飛ぶために多くの風を必要としません。 木々の間を葉や小さな小枝が動き回っているのが見えるなら、それはほぼ正しいことです。 乾燥した葉や汚れを落とし、風下に吹くときに走ったりジョギングしたりして追いつけない場合は、強すぎます。 弱い風を待ちます。

このカイトは時速16マイルまでの風でうまく飛ぶのに十分な強さですが、紙だけなので、スパーを曲げるのは危険です。 凧の手術が必要な場合は、少なくとも数分で新しいものを作ることができます。

Tim Parishは、2007年からカイトフライヤーへの情報提供と支援を専門とするウェブサイトMy Best Kiteを運営しており、簡単に入手できる素材からカイトを作成することを専門としています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *