米国は、中国の人権侵害をめぐって北京で開催される2022年冬季オリンピックのボイコットを求める声が高まっています。

ゲームはまだ10か月先です。コロナウイルスのパンデミックの現在の段階を取り巻く不確実性を考えると、さらに長く感じるかもしれません。 しかし、イベントが引火点に変わるのは時期尚早ではありません。 180以上の人権団体の連合を含む中国の与党共産党の批評家は、人権侵害と地政学的不正の政権の記録は、オリンピックのような光景でそのイメージを磨く権利を奪うべきであると主張している。

「北京は2015年に2022年のオリンピックを主催する権利を獲得しました。同じ年、中国全土の弁護士と活動家を取り締まりました」と中国の人権弁護士TengBiaoは今年初めに書いています。 「それ以来、ジャーナリストを拘束してきました。 中国の国境の外でさえ、活動家や反対派に嫌がらせや攻撃を行った。 非政府組織を閉鎖する。 破壊されたキリスト教の教会、チベットの寺院、イスラム教のモスク。 法輪功を信じる人々を迫害し、時には死に至らしめる。 メディア、インターネット、大学、出版社の管理を大幅に強化しました。」

先週のイベントで、元国務長官のマイク・ポンペオ氏は、「アメリカ人が 『ジェノサイド・オリンピック』に参加するべきではないと思う」と述べた。 彼は、中国の新疆ウイグル自治区の州当局によるウイグル民族とカザフスタンの女性​​のレイプと大量不妊手術に関する報告に言及しており、一部の専門家と米国務省は大量殺戮に相当すると述べています。

オリンピックのボイコットは、共和党員の間で人気のある原因となっています。 「世界は私たちの次の動きを見守っています」とジョン・カートコ議員(RN.Y.)は言いました。

「中国の残虐な人権記録、発生の初期段階でのCOVID-19の厄介な取り扱いの誤り、および外部の敵意を考えると、ゲームは動かされるべきです」と保守的なアメリカンエンタープライズ研究所からのポリシーペーパーは主張しました。北京の与党内で「コース修正」を強制するというオリンピックに対する国際的な懸念。

バイデン政権は今週、いくぶん混合されたメッセージングを提供した。 まず、国務省のスポークスマン、ネッド・プライスは火曜日、冬季オリンピックのボイコットは、志を同じくする同盟国と「私たちが確かに話し合いたいこと」であると述べた。 しかし、国務省は後に、ボイコットについてのハイレベルな議論は計画されていないことを明らかにしました。 翌日、ホワイトハウス報道官のジェン・サキは問題を振り払おうとした。 「私たちは、同盟国やパートナーとの共同ボイコットについて話し合っておらず、話し合っていません」と彼女は言いました。

先週のイベントで、米国オリンピック・パラリンピック委員会の理事長であるスザンヌ・ライオンズは、彼女の組織は「世界的な問題に効果的に対処していない一方で、アスリートに悪影響を与えることが示されているため、アスリートのボイコットに反対した」と述べた。 1980年のモスクワでの夏季オリンピックの米国のボイコットとそれに続くロサンゼルスでの1984年のオリンピックのソビエトのボイコットは、主に適格な参加者を傷つけた冷戦のagitpropの不幸なエピソードとして主に記憶されています。

一方、イベントの主催者は、非政治的な方向性を固守していると述べています。 「オリンピックへの多様な参加を考えると、IOCはすべての世界的な政治問題に対して中立を維持しなければならない」と国際オリンピック委員会はAxiosに提供された声明の中で述べ、人権を守ることを約束したが、IOCは「どちらも持っていない」と付け加えた。主権国の法律や政治システムを変更する権限も能力もありません。」

中国当局は同様の口調を打ちました。 外務省のスポークスマン、趙立堅は、「スポーツの政治化は、オリンピック憲章の精神とすべての国のアスリートの利益を損なうだろう」と述べた。 新疆ウイグル自治区で起こっていることの国際的評価を政府が否定している趙も、ボイコットが進めば、不特定の「強力な中国の対応」を脅かした。

しかし、主要なスポーツイベント、特にオリンピックのような国際的な光景は 常に政治的側面を持っている。 おそらく、前世紀の最も象徴的なオリンピックの瞬間は、政治的抗議の行為でした。 2008年の北京オリンピックは、コミュニティ全体がオリンピック会場に道を譲るために強気に襲われた活況を呈する首都で、急成長するソフトパワーを披露した全国的なページェントである中国の台頭のカミングアウトパーティーとして機能しました。 当時のジョージ・W・ブッシュ大統領が出席し、関与を支持して人権問題を肩をすくめた。

現在の状況ははるかにバラ色ではなく、米国の高レベルの政治代表団が来年2月に北京に出向く可能性はほとんどありません。 ニューヨークタイムズのコラムニスト、ニコラス・クリストフ氏は先月、ミット・ロムニー上院議員(ユタ州)から「経済的とゲームの外交ボイコット」。 「北京にいるアスリートが、あらゆる機会を利用して、新疆ウイグル自治区やその他の場所での弾圧に注意を喚起することを願っています」とクリストフは付け加えました。

ボイコットの問題は依然として敏感です。外国政府や多国籍企業は、中国の怒りを求愛することに警戒しています。一部の企業は、新疆ウイグル自治区での大量収容所や強制労働慣行について発言したことですでに苦しんでいます。 戦略国際​​問題研究所のアジア専門家であるボニー・グレイザー氏はブルームバーグ・ニュースに、「これらの国々からの企業のゲームやボイコットを避けようとする意欲を示す国からの製品の一部の輸入に禁止が課される可能性が高い」と語った。

これは、中国の投資と貿易に縛られている国々にとってはなおさら当てはまります。 しかし、米国では、オリンピックを後援している強力な米国企業のスレートにスポットライトが当てられています。 これらの企業の多くは、政治的に自分たちの声を家庭に見出していますが、新疆ウイグル自治区でのより広範な弾圧キャンペーンを考慮に入れることをほとんど避けています。

「これらの企業は、ウイグル人の女性がレイプされ、殺菌され、売春を強要されている間、私たちがジェンダー平等についての自己祝福を真剣に受け止めることを本当に期待できますか?」 ワシントンポストの編集ページ編集者フレッドハイアットを書いた。 「冬季オリンピックの開幕までに10か月以上残っています。 企業は中国政府に次のように言うことができます:キャンプを解放しなさい。 ウイグル人を平和に暮らせましょう。 外部のオブザーバーがあなたがそうしたことを確認できるようにします。 次に、ゲームを始めましょう。」

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *