Tag Archives: 大気汚染の急増は年配の男性の思考を損なう可能性があると研究は発見しました

大気汚染の急増は年配の男性の思考を損なう可能性がある、と研究は発見しました| 大気汚染

大気汚染の一時的な上昇は、空気中の粒子の短期間のスパイクでさえ脳の健康に有害である可能性があることを示す研究によると、年配の男性の記憶と思考を損なう可能性があります。 科学者たちは、ピークレベルが世界保健機関と国の規制当局によって設定された有毒空気の安全しきい値を下回ったままであったとしても、テスト前の月の大気汚染の増加に続いて男性の認知能力が低下したことを発見しました。 この調査結果は、主に道路車両や産業からの空気中の微粒子状物質への曝露が心臓や肺だけでなく、脳の繊細な神経組織にも有害であるという証拠の増加に基づいています。 米国と中国の研究者は、ボストン大都市圏に住む1,000人近くの男性からの複数の認知テストのスコアをまとめ、PM2.5のローカルレベル(直径2.5マイクロメートル未満の浮遊粒子)と照合しました。 研究に関与した男性は白人で、平均年齢は69歳でした。 科学者たちは、ネイチャーエイジングで書いているように、テストの4週間前までの高レベルのPM2.5が、単語の記憶から数の想起や言語の流暢さまでのタスクでの認知能力の低下にどのように関連していたかを説明しています。 PM2.5の濃度が1立方メートルあたり10マイクログラム(ロンドンや他の多くの都市で日常的に違反されているWHOガイドラインレベル)未満にとどまっている場合でも、効果は明ら​​かでした。 興味深いことに、この研究では、男性がアスピリンまたはNSAIDとして知られる他の非ステロイド性抗炎症薬を服用している場合、大気汚染の短期的な上昇によるテストスコアへの影響が少ないという証拠が見つかりました。 「私たちの研究は、短期間の大気汚染曝露が認知機能の短期的な変化に関連している可能性があり、NSAIDがこの関係を変更する可能性があることを示しています」と著者は書いています。 ある考え方によれば、そのような鎮痛剤は、微粒子が脳に侵入することによって引き起こされる炎症を軽減するのに役立つ可能性があります。 WHOは、PM2.5のレベルが1立方メートルあたり10マイクログラムの年平均を超えてはならないと述べていますが、英国は1立方メートルあたり25マイクログラムの上限を採用しています。 政府の大気質指数は、1立方メートルあたり35マイクログラム未満のPM2.5レベルを「低」と見なしています。 先月、大気汚染が9歳のエラキッシデブラの死の原因であると結論付けたロンドン南部の検死官フィリップバーロウは、英国は粒子状大気汚染に対してより低い法的拘束力のあるレベルを採用しなければならないと述べた。 有毒な空気が呼吸器や心臓血管の健康に与える影響は十分に確立されており、脳への損傷の証拠が増えています。 研究は、大気汚染を知能と認知症の低下に結びつけました。 2月、エジンバラ大学のジェイミーピアース教授が率いる研究により、小児期の大気汚染への曝露は、後年の思考スキルの低下に関連していることがわかりました。 「この調査結果は、大気汚染が人間の健康に与える影響を本当に強調しています」と、メルボルンのモナッシュ大学の生物学的神経精神医学および認知症研究の責任者であるジョアン・ライアン博士は述べました。 「この研究の重要性は、調査結果が脳機能に対する大気汚染の潜在的な因果関係と一致していることであり、懸念されているのは非常に高レベルの長期汚染だけではないことを示唆しています。 この研究では、比較的低レベルの大気汚染でさえ、認知機能に悪影響を及ぼし、場合によっては短期間で悪影響を与える可能性があることがわかりました。」